教育に対する私の考え

 

1 諸問題の抜本的解決の基礎であり糸口となるのは教育です! 

 

 私は、子どもからお年寄りまで、「一人ひとり」が、自身の持っている「個性」を十分に伸ばし、個性発揮の大きな原動力になる「夢」を育くむ教育環境を整備・充実させていくことが、今、特に重要であると考えています。

 

 教育環境の整備・充実により、「一人ひとり」の「個性」から発揮される力が大きくなり、それが結集して国力は高まります。私は、教育を通じて国力を高めることが、財政問題、経済問題、国際競争力問題、少子高齢化、社会福祉問題などを、何よりも抜本的に解決するための基礎であり糸口であると考えています。

 

 ですから、私は、日本の人口の約20分の1を有する千葉県が、全国を牽引・率先する教育を実践できるよう目指していきます。

 

 

2 考える力を養える教育環境整備が重要です! 

 

 学力も重要です。しかし、私は、子どもが「自身の頭で考えて課題を解決するための力」を身につけることが何よりも重要であると考えています(ここでは「考える力」と表現します)。この「考える力」が困難を乗り越えて生き抜くための大きなツールになるからです。

 

 しかし、「考える力」は、単純に授業科目を受け身で履践するだけでは十分に養うことができません。このことは、学習塾での講師経験や家庭教師経験で実感しました。私が教科書に出てこない問いかけをしても、自分なりに何とか理由をつけて回答しようという生徒は非常に少なくて、多くの子どもたちが残念ながら「分からない。」「答えを教えて。」とすぐに思考自体を諦めてしまっていました。多くの子どもたちが「考える力」を使う機会にあまり恵まれていないのだと思います。

 

 私自身を振り返ってみても、高校生のころまでは、与えられた授業科目をこなしているだけでした。大学生になり、ゼミでの討論、論文レポート作成、一般社会との接触を経て、強制的に「考える力」を使う環境に追い込まれ、「考える力」の必要性を実感することとなり、そのころから少しずつ身につき始めたのだと思います。

 

 私は、特に、先に進学や就職が控える高等学校教育では、学生が単に授業科目をこなすだけの高校生活を送るのではなく、「考える力」を養う観点からも、地域、大学、企業などの一般社会との接触の機会を多く設けていくことが大切であると考えています。

 ですから、高等学校教育においては、社会人を交えたグループ討論、実践体験を含めた職業訓練教育、映像通信手段等を用いての大学講義への参加体験、さらに、高校生による後輩中学生・小学生に対する勉強会などのカリキュラムを、実施・強化していきたいと思っています。

 

 

 勉強会に関していいますと、人に物事を教えるうえでは、その事を相手方に理解してもらうための創意工夫が必要となります。創意工夫をする中で「考える力」を養うことができます。


 また、人に物事を教えるうえでは、自身がその事をきちんと理解しなければなりません。これにより教える側の理解が深まりますので、高校学習の基礎となる大事な部分の復習につながります。私自身も経験がありますが、生徒や子どもに教えていく中で、学生時代に曖昧に理解・記憶していたことがクリアーになったという先生方やお父様・お母様は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

・・・続く・・・

心肺蘇生法&AED推進のためにPTで茨城県を視察!

条例を法務専門誌で解説!

いじめ対策条例の制定チームで大津市を視察!

条例の提案理由説明!
新聞各紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.1 MB

がん条例制定チームで県がんセンターを視察!他にも、放医研、国がん、広島、大阪、鳥取などの先進地を調査!!

空飛ぶICUを視察!総務防災委員会の委員長を務めてます!!

定期に実施する青年局の街頭演説でも県政での活動をご報告!

元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
    議会での一般質問(2012.2.28)
    議会での一般質問(2012.2.28)

フェイスブックやってます!

seki_masayukiをフォローしましょう

 

tweitter   seki_masayuki
tweitter seki_masayuki