シンポジウム「千葉市の医療の”いま”を考えよう ~救急の現場から見えてくるもの ~」

シンポジウム「千葉市の医療の”いま”を考えよう ~救急の現場から見えてくるもの ~」を聞いてきました。

 

千葉市の平成23年の救急搬送人員は約4万5000人、高齢化によって平成30年には約6万2000人まで増えると予想されています。


現状の救急隊員300人体制のままでは、今後とても対応しきれないでしょう。。

 

もっとも、救急搬送人員の約6割が「軽傷」で、救急車を要しないケースも多いとのこと。


いわゆる「コンビニ受診」を減らしましょう!


夜間・休日救急の場では、コンビニ受診が多いために、「初期」を対応する医療機関の受け入れが限界となり、「二次」を対応する医療機関がその補助に回っている現状があるそうです。
その結果、本当に「二次」の医療機関を必要とする急患に対応できない事態が発生。。。急患の受け入れ拒否・たらい回しの問題に。。。
さらに、医療スタッフへの過大な負担、そこから生じる悪循環。

 

本当に必要な人が適切な医療をきちんと受け入れられるように・・・


限りある医療資源を効率的に運用する仕組みを構築するとともに、医療を受ける側にも医療資源の賢い利用・選択が求められています!!

心肺蘇生法&AED推進のためにPTで茨城県を視察!

提案条例の解説記事を書いたりも!

いじめ対策条例の制定チームで大津市を視察!

条例提出時に想いを!
新聞各紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.1 MB

がん条例制定チームで県がんセンターを視察!他にも、放医研、国がん、広島、大阪、鳥取などの先進地を調査!!

空飛ぶICUを視察!総務防災委員会の委員長を務めてます!!

定期に実施する青年局の街頭演説でも県政での活動をご報告!

元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
    議会での一般質問(2012.2.28)
    議会での一般質問(2012.2.28)

フェイスブックやってます!

seki_masayukiをフォローしましょう

 

tweitter   seki_masayuki
tweitter seki_masayuki