新型コロナウイルス感染拡大に対する医療体制の整備②

4()の続報です。

最優先課題の医療体制の整備ですが、端的に、本県は大変厳しい状況にあると認識しています。

厳しい中で、日々、新型コロナウイルスと闘っている医療従事者、保健所・行政・様々な関係者の皆様、本当にありがとうございます。

昨日のちば自民党の新型コロナウイルス対策本部では、4日の議論を踏まえて事前に当局へ提出しておいた質問票と、昨日までに県内各地域の医療状況や意見・要望を取りまとめた事項をベースに、副知事、保健医療担当部長等の県幹部と協議を行いました。

現在、病床拡大に向けての各病院への協力依頼と、軽症者・無症状者が滞在する民間施設の確保が進められていますが、私個人としては、もはや更なる感染拡大に備えて、臨時病院(法48条)の設営の準備が必要な段階にあると考えます。

以下、その理由です。

昨日の会議の時点では、県内の感染者は329名で、入院中の方が計134名でした。

では、現在の対応病床は247床となっていますので、キャパシティー(余力)は、差引・・・とはなりません。
これは、当初の県内指定感染病院の55床から、一気に引き上げたこともあって、247床すべてが対応病床として機能している(稼働できる)状況にないことを意味しています。これが現実です。

7日の緊急事態宣言を受けての知事の記者会見で、医療体制のキャパシティーの数字が出てこなかった理由でもあります。

計画をしている、段階的な400床、850床(移行期)、1700床(蔓延期)へのフェーズに応じた引き上げには、現実的に更に厳しい課題があります。

ここの指標の一つになるのが、4月1日に、対象56病院に向けて行われた説明会を受けて、本日までに提出される予定となっている、各病院の行動計画の提出状況やその内容だと思います。

この行動計画は、今後、県からフェーズに応じて行われる病床確保の要請を受けてから、その実現を3日から1週間程度で行うことを想定して、作成するよう求められているものです。
まさに、今後の病床確保の見通しだけではなく、現在の状況を踏まえた整理がされているはずです。

これに先行して、対象56病院のうち36病院からアンケートが提出されています。その内容は開示いただけておりませんが、楽観視できるものではないと推察します。

実際に、東葛地域などの都市部を中心として、感染者の搬送受入先病院が困難となっている状況や、対応病床の設置が求められている病院側で、スタッフやPPE(N95マスク、防護服、ゴーグル)などの医療資材の不足、感染症対応スキルや資金面の課題、さらに、他の患者を代替で受け入れることとなる想定の病院側の受け入れ体制の事情、院内感染による崩壊の心配など、各自民党議員に多くの課題点や意見が寄せられています。

更に、都市部外の病院の中には、地域的な事情により、コロナ以外の病気の対応で既にギリギリのため、そもそもの対応余力がないとの懸念もあります。

そして、要となる、病床の利用状況の情報等の集約・把握・共有と、患者を差配する部署での利用ができる体制(システム)については、国の方で進められているようですが、見通しがはっきりとせず、県では、日々人海戦術で情報収集にあたっています。
この負担も大きいようです。

このように、現段階の病床状況や、増床を求められている病院側の事情、指揮系統・調整・システムを考えると、現在進められている、軽症者・無症状者が滞在する民間施設の確保に加えて、中等症患者までの対応を視野に入れた臨時病院(法48条)についても、早急に設営できるための準備が必要であります。
これは強く進言しました。

感染対応に必要となる医療資源・人材の集約化を徹底的に図るべきです。

個人的なイメージとしては、セントラルパークに設営されているものを幕張メッセなどのスケールメリットを活かせる場所で行い、感染患者の交通整理を行い、重症者や他の病気の患者とのすみ分けを徹底します。
これは他都県との連携・協力が必要となるかもしれません。千葉が他に乗っかることを含めてです。

政府の対処方針の中では、臨時病院の設営は、もっと先のフェーズに位置付けられていますが、千葉の場合は、感染者の爆発の手前でも、先行して動くべき状況と医療環境に置かれていると思います。

ここは、医療的疫学的見地から、専門家に本県の状況をしっかり見極めていただき、必要であれば早急に判断を提示し、知事に政治判断を求めていただきたいところです。

法整備の側面から必要と考える下準備はこちらでもしておきます。

もちろん、感染拡大防止が功を奏し、まったくの徒労に終わればと、願ってやみません。

私たちの国は、他国に見られるような、強制力を伴った都市封鎖や国民への監視管理という選択を避け、国民ひとりひとりへの自粛に委ねる選択を取りました。

最大の感染拡大防止策は、ひとりひとりの行動変容です。

世界各地で悲しい別れを経験した人々が警鐘を鳴らしてくれていることで、どこかで他人事だった人にも、死への意識が少しずつ変わってきていると思います。

政府が提示する生活支援・経済対策や、県の対策については、私の方にも、たくさんの要望、疑問、批判をいただいております。昨日の協議でも、当局にたくさんの要望をしました。

ひとりの地方議員にすぎませんが、私個人としても、都市封鎖を可能とする強制力の伴う法整備を行い、併せて、封鎖に伴って期間に応じた一律の生活費給付のセットを、まず行うべき・・・などの考えや思いが多々ありますが、今は批判しても仕方がありません。

今、それぞれができることを。
過去たくさんの災害や苦難を乗り越えてきた日本人の底力を。
私も一議員として、仲間と出来ることを。

コロナに打ち克ちましょう!
がんばろう千葉!!がんばろう日本!!!

「女児虐待死事件の徹底した真相究明と再発防止宣言」を策定し、本会議で趣旨説明を行いました。

AED条例を法務専門誌で解説!

心肺蘇生法&AED推進のためにPTで茨城県を視察!

いじめ対策条例の制定チームで大津市を視察!

いじめ対策条例の提案理由説明!
新聞各紙.pdf
PDFファイル 6.1 MB

全国の都道府県議会議員の研修会において、千葉県議会での政策条例の取組みを発表しました。

がん条例制定チームで県がんセンターを視察!他にも、放医研、国がん、広島、大阪、鳥取などの先進地を調査!!

空飛ぶICUを視察!総務防災委員会の委員長を務めました。

定期に実施する青年局の街頭演説でも県政での活動をご報告!

元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
    議会での一般質問(2012.2.28)
    議会での一般質問(2012.2.28)

フェイスブックやってます!

seki_masayukiをフォローしましょう

 

tweitter   seki_masayuki
tweitter seki_masayuki